July 30, 2016


岩国の沖合にあるチャイナマンス・ハット、VFRの航空機の進入目標としても度々耳にします。



今回、海へ遊びに出たついでに初上陸を試みてみました。

地権者について不明なため、上陸許可申請をどうすればよいのかがずっと悩みの種でしたが、

今回はたまたま上陸する浜にアンカーを打った船がいたことから、足を踏み入れる決断をした次第です。



島の西側にあるビーチから上陸します。



「立ち入り禁止」の立て看板がありますが、牧場主の許可を得て小さな冒険の始まりです。

ぼ、牧場?

昔から牛がいることは知っていましたが、ここには何と牧場があったのです。

「牛に会ってもびっくりしないように!」との注意を胸に、少し嫌がるコウモリさんに「行くぞ!!」と前進!



道はきちんと整備されており、管理の大変さがうかがえます。



尾根伝いに山頂を目指しますが、登るほどにシダや笹、低木の枝、蜘蛛の巣に行く手を阻まれます。



振り返ると登ってきた尾根、つまり山口県と広島県の県境を登ってきたワケです。



山頂まであと少しですが、すでに景色は素晴らしく、これは島から西側を望んでいます。



今回は牛には会えませんでしたが、ウンコは確認できました。

ちなみに、牧場主さんが呼ぶと島のどこからともなく牛が来るそうです。



15分くらいで山頂へ到着。

まさかウエットスーツでハイキングをしようとは、人生は度々予想しないことが発生します。



山頂から西側、つまり岩国市街方向です。



最高の天気にも恵まれ、記念すべき初登頂を果たすことができました。



真夏にウエットスーツでのハイキングは、熱中症への特急便、素人にはお勧めできません。



陸に上がってからは仲間が集まり、合計6lbのリブアイステーキで美味しく楽しいひと時を過ごしました。

次はエアータンクを背負って水の中を楽しみたいところです。

シュノーケリングはもうしんどいお年頃!?


Sep 28, 2015

具体的なイメージも無く、エンドから狙おうと思っていたスーパームーン。

ちょうどお届けモノもあったので、いつもの団地上のお宅の敷地から撮影をさせて頂きました。

いつもお世話になっているこのお宅、すっかり顔馴染みとなっており、お茶まで出して頂いてしまいました。

東の空には雲が広がり、ダメだろうと一応待っていると、島影の向こうから不気味なほどに

赤い大きな月が昇ってきました。



雲とガスのおかげで、眠い画となってしまいましたが、その分、赤く染まっております。



透き通った空気の時もあれば、今日のようなこともあり、自然は表情が様々です。



撮影が出来たのは、雲に隠れるまでの僅か5分間だけ。

それでも、諦めていただけにチョット得をした気分で家路につきました。

そして、今夜の錦帯橋で撮ったらどうだろう・・・とイメージをしていると、気が付けばハンドルを握っておりました。



今夜は時間的にまだライトアップされており、イイのか悪いのか、それに合わせて撮るしかありません。



架け替えられて何年にもなりますが、まだ木の香りがするのはそう言う特性の木なのでしょうか。



今年は少し秋が早いような気がします。



季節の変わり目は変な人が増えます。



オマケはメイン・ランウェイへ進入する我らの25号!


Sep 27, 2015

中秋の名月












Oct 22, 2013

岩国と言えば錦帯橋があまりにも有名ですが、白蛇もかなりのものです。

一昔前までは、天然モノの白蛇が川下地区にもいたそうですが、

現在は保護されている固体のみではないでしょうか。

エンドには繁殖施設(尾津にもある)があるため、脱走兵を見かけることがしばしばあります。

それを保護して当局へ知らせるとボールペンをもらえることを知ったのは今年になってから。

今年2度目の捕獲でようやく当局へ連絡をすることができました。

IMG_2442.jpg

まだまだ子供ですが、もっと小さな固体はキレイなピンク色をしています。

これは目も赤くなく、柄があるので、白×白の子供ではないのかもしれません。

おそらく、もっと小さな頃に網の目から脱走したのでしょう。

私自身、捕獲は5回目くらいですが、未だに宝くじにもガリガリ君にも当たっていません。

IMG_5752.jpg

翌日、当局へ連絡をすると取りに来てくれました。

期待をした粗品のボールペンは、白蛇のイラストもなく市販品のそのまま・・・

せっかくなので白蛇とか岩国とか入れてくれよ~

そのくらいの予算はあるはずだ!

白蛇は岩国の大切な観光資源であるだけでなく、国の天然記念物に指定されています。

ゲットしたら保護して当局へ連絡をしましょう。

当局 = 一般財団法人 岩国白蛇保存会

なお、管理下にある固体にはICチップが埋め込まれています。

コッソリ飼おうものなら、そこからアシがついて怒られるかもしれません。


Aug 16 -19, 2013

短い夏季休暇もアッと言う間に終わり、今日からは経済活動・・・

航空機もボチボチと撮影をしましたが、霞んだ空にたいした写真は撮れていません。

このところ、日没を追っかけておりました。

この時期、エンドでは岩国城の向こうに夕日が沈んで行きます。

CH8D9302.jpg
8月16日

CH8D9326.jpg
8月18日

CH8D9560.jpg
8月19日

飛行機の撮影もあるので、定点撮影ではありませんが、

まぁ、概ねエンドと呼ばれる一帯での撮影です。

鉄塔が邪魔ですが、年に2回しか見ることのできないその瞬間です。


Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors