Nov 8, 2015

スキャナーに入るトラフィックに後ろ髪を引かれながら、既に乗り遅れた紅葉の残りカスを求めて山間部へ。



見頃の標高は500メートルくらいでしょうか。



R-567の直下、既にほとんどの木々の葉は散っていましたが、色付いたカエデが残ってくれていました。



降ったり止んだり、落ち着いて撮影ができたモンじゃありません。



風も止むことなく、ならば意図的にブラせてやろうと、あまり好きではないのですが・・・

上空を飛び交うコウモリさんのTACを聞きながら、久しぶりに森の香りを楽しみました。

それにしても、ここ数年、この谷で熊棚をすっかり見なくなりました。

中国山地の中でもとりわけ熊が多く生息しているエリアだったのですが、どうしてしまったのでしょう!?

今年のブナの実は不作の年のようなので、森の熊さんたちの冬眠前の食事が心配です。



Jun 10, 2015

車を走らせること約20分、この時期ならではのとっておきの場所です。

まさかのアングル変更により、パッとしないショットとなりました。



飛行場は概ね空っぽ。

サポートに就く民間チャーター機が遠征地とを往復しております。

オムニの777はちょっと珍しいかもだけど、やっぱり聞いて終わりです。

May 14, 2014

夜の徘徊でケモノに出会いました。

CH8D1068_20140515011329dd2.jpg

運良く、今日はストロボを持っていたと言う偶然!

CH8D1099.jpg

車から降り、ゆっくりと近づいても逃げないワイルドなそれ。

CH8D1104.jpg

時折、迷惑そうにコチラを気にするものの、逃げる気配がまったくありません。

害獣と呼ばれる彼らではありますが、とても優しい目をしております。

この自然界における最大の破壊者は、我われ人類であると言うことを忘れてはなりません。

雨上がり、カエルの大合唱の中、暗闇にロクデナシが一人と畜生が1匹です。


Sep 22, 2013

昼前、デボーのクリアランス。

早速お出かけになるようです。

CH8D8571.jpg

なかなか予定通りには行かないようで、我々にはうれしいA/C#01を残したまま・・・

時間は経過し、中国山地のとある場所にて、夜間活動の開始です。

CH8D8618.jpg

間もなくブナの森は闇に包まれて行きます。

CH8D8621_20130926000256ce3.jpg

ツキヨダケ、夜の森に怪しく浮かび上がります。

CH8D8625.jpg

静寂、時折聞こえるのは、森を通り抜ける風の音だけ・・・

CH8D8628_20130926000259dee.jpg

夜は明け間近、雲海を期待して移動するも、イマイチだったそれ。

CH8D8657.jpg

約12時間ぶりにお日様との再会です。

CH8D8678.jpg

間もなくススキの穂も開き、一足先に秋が訪れる1,126mのこの場所です。


Backcountry skiing!!

日曜日、久々に飛行機のことは忘れて自然を満喫。

場所は安芸太田町の深入山。

CH8D0906.jpg

山頂付近の北側の斜面では、枯れ草に日差しに負けることなく霧氷が付着していた。

隣にある臥龍山の山頂のブナ林も霧氷で白く輝く。

CH8D0920.jpg

雪山は音の無い世界。

足を止めると聞こえてくるのは微かな風の流れる音だけ。

CH8D0928.jpg

晴れていれば瀬戸内海も日本海も望めるが、霞んで見えず。

霞みの向こうに四国の山々は何とか見ることができた。

CH8D0936.jpg

整備されたゲレンデとは違い、雪山のフィールドは無限である。

CH8D0937.jpg

真っ白なキャンパスに落ちる影が見事なコントラストを見せてくれた。

CH8D0940.jpg

風格のあるブナが2本、ここが目的の場所。

CH8D0954.jpg

光と影、自然が作り出すすべては美しい。

CH8D0956.jpg

向こうに見えるのは大箒山。

大箒山にも見事なブナ林があると聞く。

そのうち登りたい山のひとつである。

CH8D0984.jpg

山頂に戻って日没。

CH8D1008.jpg

雲が無い夕焼けも困ったものである。

下山は暗闇の中で月明かりも無し。

夕焼けを山頂で撮る私にはいつものことである。

満天の星空に流れ星と人工衛星を数えながらの下山。

夜のふもとは意外と遠いものである。

Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors