スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルな人々のお話


先日、青い目の友人と話している時に「特殊部隊」のハナシになりました。

「特殊部隊」と言っても、メディアが言う特殊なそれではなく、ガチに特殊な方のそれ。

で、専門性はあれど、ネイビーシールが最強なんだろ?って聞いたところ、

もっと強ぇのがいるんだぞ!しかも、そいつらはATC(Air traffic controler)なんだぜ!!とのこと。

何だって!?シールズより凄い管制官って、想像もできんぞ!!

それがこの↓通称 "CCT" と呼ばれる人たち。

United States Air Force Combat Control Team - https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Air_Force_Combat_Control_Team

シールズやデルタ等のミッション・チームに個別、もしくはチームとしてアサインされることが多いようです。

CCTの何が凄いかと言うと、特殊部隊の隊員と同じように何でもできなければならない上に、

正確な航空管制もできなくてはならないことなんだそうです。

そんな凄い人管制官たちが、実は様々方面で活躍をしていたなんて、初めて知りました。

ちなみに、CCTになるにはシールになるより狭き門なんだそうな。

また、この↓通称 "PJ" と呼ばれる人たちもかなりのツワモノらしいです。

United States Air Force Pararescue - https://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Air_Force_Pararescue

CCTは320th STSとして嘉手納にいるようなので、もしかするとそんな凄い人たちと知らないうちにすれ違っているかもしれません。

それどころか、ググッてみると東日本大震災の時に大活躍してくれているではありませんか!

(それとわかる顔写真が出ているのが驚きです!)

コンバット・ミリタリーの総合情報サイト「ミリタリーブログ」
特集:米軍特殊部隊 ― 空軍特殊部隊 AFSOC 特殊戦術部隊(Special Tactics)編
http://news.militaryblog.jp/web/US-Special-Operation-Forces/AFSOC-Special-Tactics.html

上記記事内で興味深いのは、日本の飛行場でも時々見かける同じ塗装のC-146が写っていることです。

飛行機としては地味であり、別に撮っても撮らなくてもと言った感じですが、

乗っている人たちと、その飛行目的には妄想が膨らむばかりです。

ちなみに、通常は軍人の給与は階級によって定められていますが、特殊な人たちは給与ランクは

2階級程度上として扱われると聞いたことがあります。

また、その秘匿性が高いミッションに携わることから、多少のNGも所属が判った時点で見逃されたりもするそうです。

(NG:例えば、門限を少し過ぎてしまったりとか・・・)

銃器等の個人装備の予算は青天井で、好みの装備で揃えられるそうです。

他にも、アメリカに住む友人の大豪邸は借家で、オーナーは現役のシールなんだそうです。

年中、どこかへ出かけて家に帰れないので借家として貸し出しているとのこと。

最近では、民間軍事会社への委託ミッションも多くなってきており、

今後、特殊な方々や、そのお仕事はどうなるのでしょうね~

そう言えば、ロシア人の同じような会社がリビア等で良からぬ活動もしているようです。

特殊な人たちの話はあまりコチラから尋ねることはできませんが、知らない世界だけに非常に面白いです。

人知れず活躍する人は、現在も世界のどこかで緊張状態にあるのかもしれません。

そんな人たちの活躍を知らないではいけない気もしますが、知り様もなければ、

知らないままでいる方が幸せなのかもしれないのが、本当に特殊な人たちのミッションなのです。


スポンサーサイト

海上自衛隊 第66期航空学生 入隊式

まさかまさかの小月基地!?「海」の「空」好きなら行かなくてどうする!

道中は結構な降雨で、どうなることかと思いましたが、現地は雲は多いものの晴れ間もありました。

各編隊とも、タービュランスに悩まされながらもバッチリ決めてくれました。

1_201404080000461b9.jpg

もしかして、初めて見たかもしれない鹿屋のTH-135

2_201404080000472e8.jpg

こちらはよく岩国の沖を飛んでます。

3_2014040800004996a.jpg

こちらもよく岩国上空を通過して行きます。この間は珍しく降りていました。

4_201404080000501df.jpg

来ました!我らのMH-53E!!

5_201404080000524e8.jpg

ヒヨコが部隊に来る頃、このデカイのはもういない。

6_20140408000138e87.jpg

絶滅危惧種とか言いながら、残念なことにわざわざ撮影に来る人は多くありません。

7_20140408000139e2b.jpg

できれば吊るして連れて帰って欲しかった・・・

8_201404080001405fb.jpg

こちらも馴染みの01号機が進入して来ました!

9_20140408000142551.jpg

陽が無いので色が出ません!

10_20140408000143f80.jpg

運良く道路標識に「小月」の案内が!ラッキーです。

11.jpg

岩国で尻尾の無い亜種を見慣れているだけに、尻尾に違和感を覚えます。

12.jpg

初めて見ました、P-1!!エンズンの音は結構スキかも・・・

13.jpg

なかなか鋭い上昇でした。

15.jpg

ガストが出る程の強風の中で編隊をビシッと決めるのは流石です。

16.jpg

17.jpg

いつか体験搭乗の抽選に当たってみたいものです。

18.jpg

もしも別の人生が歩めるとすれば、T-7ではなくT-5に乗る道を選びたいと思います。

14.jpg

ソロがあると言うことでしたが、無かったのは強風の影響でしょうか。

19.jpg

T-5は何度までバンクを取っていいのでしょうか?

20.jpg

ロールも楽勝で出来そうな感じですが、そこは大人の事情により・・・

ロケハンどころか、外撮りに何の情報も持たない中でそれなりに撮ることができました。



Oct 8, 2013

台風が近づく今日は、☆の付いたのは何も飛ばず・・・

特にネタも無いのでVMAQ-2つながりで、2008年の旅で出会ったRF-4Bでも。

IY9E8749.jpg
Havelock, NC / Tourist & Event Center

IY9E8734.jpg
MCAS Cherry Point, NC

早くこんな感じ↑になって欲しいものです。

Mar 22, 2010@岩国基地


多少の霞はあるものの、まずまずのコンディションでした。

それにしても早朝から多くの方々が来られていたので

何か特別なことでもあるのかとあるのかと思ってしまいます。

散歩のオッサンも「どうしたんじゃ!?」とひとり言をつぶやいていました。

IY9E9753.jpg

今日の最初はVFA-94から。

IY9E9775.jpg

Combatは今回のUDPで初撮りです。

IY9E9785.jpg

沖からでコレですから船溜りではハナシになりません。

IY9E9809.jpg

放送を聞いて無い時に限ってロー・アプローチ。

IY9E9825.jpg

あまりヒネらない時もありますが、高めの離陸が多いです。

IY9E9867.jpg

ConvoyなのでC-12だろうと思っているとガルフ・ストリーム!!

Navy Air Logistics Officeもそう多くは保有していないだろうから貴重かも!?

IY9E9900.jpg

もうすぐこの離陸が見れなくなるなんて悲劇以外の何でもありません。

IY9E9915.jpg

「岩国上り」が伝説となる前に来られる方が多いこの頃です。

少々、無理をしてもその選択は正しいと思います。

写真では伝わらないその迫力です。

それにしても、3月に顔を日焼けするこの趣味って・・・


シリーズ 【 あの頃 】 2003年9月のフォルダから


週間天気予報を見ると、どうやら今週の築城基地行きはFailとなりそうです。

偉大な自然が相手であれば潔く諦める以外にありません。

アタマに想い描いたキャノピーにしずく流れるパイロット・アップの画が

どれだけ自分を奮い立たせるか、5%くらいはGOの可能性を残しておきます。
__________________________

2003年の夏、友人の夏休みに合わせて築城へ、たぶん2泊3日で行きました。

FH000007.jpg

セオリー通りの撮影にはすぐに飽きてしまい、色々なアングルを探したことを覚えています。

FH010016.jpg

これはどこのジューゴなのか、未だにわかりません。(百里?)

FH000024.jpg

デジタル・カメラへ移行する前なので、FD500F4.5Lでマニュアル・フォーカスの頃。

今となってはとても考えられません。

FH030010.jpg

これもどこのT-4なのか?

FH010034.jpg

最近では築城も航空機ファンが増えたのか、「私たちだけ」であることがありません。

FH040036.jpg

いまさら超音速性能を意識したその直線美に魅了されます。

FH040011.jpg

夕刻、夜間訓練に離陸するF-1をISO100のフィルムで撮影するも撃沈されています。

FH040017.jpg

行橋市の宿での記念撮影!?

FH010032.jpg

また気の合う者同士、撮影旅行に行きたいです。


Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。