FC2ブログ

Photo mission in rain.

今週、UDP[Unit Deployment Program]に伴いVFA-97"WARHAWKS"が到着し、
それと交代で本国へ帰投する部隊はVMFA-225"Vikings"(CE)。
そのトランスパックをサポートするブラックテイルのKC-130Jが飛来したと
岩国からのホットラインがあったのは昨日の夕方。

AM7:00、部屋を出ると雨が・・・
もちろん気圧配置をチェックはしていたが、朝から降るとはシーザス?
しかし、しがないサラリーマソは休みは選べない。
CEも3機残っていることだし、サランラップを積んで岩国基地へ舵を取る。

到着し、基地内を双眼鏡で覗く。
いた!黒い尾翼に白いレター!!
以前にMarines NEWSで見たあの機体がそこにいる!!!

10:00くらいに本国へ帰投するCE×3機のクリアランスが入る。
とりあえずの行き先は"Wake Island"
ところが、なかなか離陸しない。
どうやら嘉手納から上がるKC-10(空中給油機)の離陸が遅れているようだ。
パイロットは機体に乗り込み離陸の時を待っている。
これから長いフライトだというのに気の毒なことずら。

ところで、撮影ポイントに朝からカメラを持った外国人が4人。
「どこから来たん?」と聞くと
「オ〜ランダ!」(Netherlandsと言わないのか?)
「後でF/A-18Dが3機上がるぞ!」と教えてあげるがあんまり興味なさそう。
逆に「海上自衛隊、US-1は上がらないのか?」と聞かれた。
「土曜日と日曜日はお休み。月曜日までおそらくフライトは無いよ」と言うと
非常に残念そうなDutchmans.
わざわざオランダからUS-1を撮影に来るなんて・・・
確かに世界中でここにしか居ない飛行機ではあるが・・・

オランダ人と英会話のレッスンをしていると、待機するF/A-18DにBASEが
「Good News!」と呼びかけKC-10が離陸したと。
合流地点の確認を再度して滑走路へ向かう。
滑走路に入ってさらにタイミングをとるため待機。
11:00きっかりに離陸する。
私はレンズにサランラップを巻いて構える。
ここまでして撮影するのは、もう病んでいる証拠だ。

離陸して15分、CEがKC-10と交信する周波数にスイッチ。
25mileのところにレーダーモニターしたようだ。
色々と今回のフライトについて確認をする。
すでに岩国から300mile以上は離れただろうか、ノイズが多くなる。
これで本当のサヨウナラ。

16:00 "Field Close" 結局お目当てのブラックテイルKC-130Jは上がらず。
明日の方が天気がいいので「ま、いいか」と帰路につく。

その連絡が入ったのは20:00ころ。
今夜22:00にブラックテイルKC-130Jは離陸の予定とのこと。
本来であれば明日正午まで運用の無いところ、
一時的に滑走路をオープンして離陸させるらしい。
こんなオチが待っていたとはジーザス†クライシス。

相変わらず軍用機相手は思い通りに行かないものです。
だからこそ面白くもあるのですが、撮りたかったなぁ〜


スポンサーサイト
Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors