FC2ブログ

赤星

ステルス戦闘機と聞くと今や誰もが想像できるあのフシギなカタチのしこーき。
TVニュースや映画にも度々登場し、もはや商店街のオバチャンで「あぁ、アレね」と
言わんばかりにメジャーになってしまっている。(おい!ホントか?)
その初飛行が1970年代で、レーダーにもちゃんと映ることまでは知らんだろうが・・・
F-117のパイロット達も夜間に侵入する時は、きっと旧式のEA-6Bに
「お願いだからSAMが怖いのでしっかりジャミングしてくれ」と思っているに違いない。
そんなことは、ど〜でもええのですが、飛行機の写真を撮る者としては
非常にツマラン飛行機と感じており、世の中のしこーきがすべてステルスに
なってしまった日には、きっと飛行機の写真を止めてしまうと思いまふ。
どのアングルからでも「画」になるファントムとは大違いじゃ!

ところがどっこい!ロシア機はなかなかイカしてるじゃありませんか!!
昔のソ連機は非常にダサく感じていたが、西側がステルス化して行く中で、
そのステルス技術の無いロシア機はちゃんと戦闘機のカタチをしておる。
そのうちアメリカのエアショーに行くよりロシアやウクライナなどにある基地で
行われるエアショーに行った方が撮影は面白くなるのでは?
でも、アッチのデモ・フライトのクライマックスは観客へ「墜落」だからなー
命がナンボあっても足りないような気もする・・・
やっぱり色んな意味での技術力を取った方が無難なのかも。

http://video.google.com/googleplayer.swf?docId=-5119208964033445996&hl=en

アンチ・スキッドの故障で飛行機が墜落する中国人民解放軍なんて論外。
しかし、先行者は大したモンである。



スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors