FC2ブログ

EOS 40Dは4割バッター?

EOS 40Dが発売されてしばらくが経過し、岩国でも数台の40Dが飛行機撮影に活躍中です。
私としても気になる機種なので、使用した感想を聞くと「40Dは4割バッター」
その意味は「4割程度しかピンがきた写真が無い!」そうです。
条件にもよるそうですが、信頼性は30Dの方があるので30Dに戻そうかと考えるくらいなんだと。

CANON EOS 40D

そのピンがこない画は、離陸時の速い被写体(飛行機)を撮影した時だけではなく
被写体スピードが遅い"転がり"を撮影した時にもあるとのことなので事態は深刻です。
こういった場合は、まず使用するレンズとの相性や、カメラとは言え工業製品なので
固体差を考えるべきところではありますが、カメラ歴の長い二人のユーザーが
口を揃えて同じ文句を言うものだから無視することはできません。

MarkIIIから搭載された「AFマイクロアジャストメント機能」は
私にとっては画素数以上に欲しい機能です。
てっきり40DにはAFマイクロアジャストメント機能が付いているものと思い、
それを調整すればいいのではないかと調べてみると、40Dには付いていない・・・
9点クロスAFセンサーまで搭載させて付いていない・・・
キャノンは40Dユーザーをナメているのではなかろうか?
と言うか、白いレンズの特性を出し切れんでもええんか?と問い詰めたい。
これから40Dの購入を検討されている方は要注意です。
それに比べ、ニコンの評判はいいようです。
がんばれ!キャノン!!
今さらレンズを買い換えるワケにはいかんのだっ!!


スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors