FC2ブログ

費用は誰が?

イランを旅行中に誘拐された青年が無事に解放されたとのこと。
どの放送局のニュースでもテヘランで会見するその姿が繰り返し流れています。
一時は死をも覚悟したかもしれませんが、無事に解放されて何よりです。

それにしても、どうして彼はイランを旅行したのでしょうか。
その理由を我々納税者は知る権利があります。
なぜなら、彼が無事に解放され帰国するまでのプロセスにおいて
多額の税金が使用されているハズだからです。

イラン当局は有力部族を仲介に立てるなどして武装集団を説得したと報道されていますが、
その内容は解放の条件となる金と、犯人グループに対する安全の確約であると考えられます。
当然、その協力した有力部族も見返りがなければ動きませんから、
それらの協力者に対しても謝礼金が支払われることが容易に推測できます。
もっと言えば、協力者の紹介にも紹介料が必要となるケースがほとんどでしょうし、
所在や安否の確認をするための情報を収集する場合も、結局は情報はカネ買うワケです。
それらの費用はすべて我々が納税した税金から捻出されているので、
彼がどのような目的で日本国政府が「退避を勧告」する地域に行ったのか、
それを国民に説明する義務が彼にはあり、その説明が国民に納得されない場合は、
今回の解放までに要した費用すべては個人で負担すべきです。
立替による金利は銀行金利程度でよいのではないでしょうか。

治安の悪い地域では、情報を収集するだけで命がけの場合があると思います。
今回の件で当の本人は無事に解放されましたが、今回の件によって命を落としたイラン人や
アフガニスタン人がいない可能性はゼロではありません。

皆様も海外へお出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さい。


スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors