FC2ブログ

VMA-214 "Black Sheep" & VIP


VMA-211"Wake Island Avengers"が日本を離れて1ヶ月と少しが経過した15日。

予定通り、6機のVMA-214 "Black Sheep"が到着しました。

VMA-214の飛来は2007年以来となります。

太平洋に浮かぶ小さなさんご礁の島を離陸てから約5時間半。

楽チンにSouth Initialへの進入であれば良かったのですが、

4マイルの視程にTACAN→VFRからストレート・インでのLNDです。

まさかVSTOL機がB5まで転がって来る理由は何も無く、A3をピックアップしたので

超トリミングしての証拠写真となった事は言うまでもありません。

CH8D1792.jpg

期待した2機のタンカーは関東のABに降りたそうです。

CH8D1818.jpg

LND順にモデックスは51,55,56,52,54,53、うちN/AはA/C#55とA/C#56の2機でした。

したがって、お気づきと思いますが、各機とも5Xのモデックスであるからして、

ボートに乗る気マンマンであることが容易に予測できます。

飛び始めのDestinationがUSS Shipなんてことも覚悟しておく必要がありそうです。

CH8D1889.jpg

トランスパックをサポートしたカーゴはC-17ですが、McCHODは久しぶりな気がします。

また、当日はWEの到着よりホットな飛来がありました。

VR-1"STAR LIFTERS"のC-37Bが海兵隊で一番エライ人を連れてきました。

もっとも、私はガルフストリームということで、C-20だなんて思っていましたが、

C-37Bとのことで、ガルフストリームで言う550なんだと先輩マニアに教えて頂きました。

海兵隊で一番エライ人とはCommandant of the Marine Corpsになります。

資料によると、ウイングマークを持つCommandantは、現在のCommandantが初めてだそうです。

VMFA-212やVMFA-312にも在籍したことがあるようなので、岩国は初めてではないでしょう。

(勝手に親近感を感じてゴメンナサイ)

4スターを掲げたC-37Bを何とか撮影をしたかったのですが、

残念ながら20時を回っても上がらないので、諦めて小雨の降り始めたエンドを後にしました。

一番気になったのは、海兵隊のCommandantが乗った航空機のC/Sだったのですが、

23時のクローズまでにそれらしいC/Sを聞くことはありませんでした。

その他のフライトは、北から帰ってきたVMFA(AW)-242が2機とコンボイやらニッケルやら。

CH8D1947.jpg

CH8D1972.jpg

スキャナーから耳が離せません。

これも近くに拠点を構える者としての特権と義務と責任です。(それは言い過ぎだ!)


スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors