FC2ブログ

Jan 23, 2012@Report

本日はオープンこそRWY02でしたが、気が付くとRWY20へと変更され、

久々の午前中のツーゼロが撮れると期待は高まります。

ところが、待てどもJetsのクリアランスは入らず、太陽高度は高くなるばかり。

JMSDF機に加え、トレックにエドバー、リバティが入るも重い腰は上がらず・・・

昼過ぎになり、ようやくブレードのクリアランスが入ったタイミングで、

無情にも滑走路はRWY02へと変えられました。

色付きの時に限って陽が陰ることと同じような、ジンクスまがいのシナリオです。

経済活動もひと段落し、まだ浮いているブレードがいたので、エンドへ行ってみました。

CH8D1712.jpg

↑堤防の上からのショット

↓フェンスに張り付いてのショット

CH8D1721.jpg

堤防の上からの方が、タキシーウェイが超望遠に圧縮されて雰囲気があります。

しかし、被写体までのリーチが長い分、陽炎等の影響が出やすいリスクがあります。

リスクを恐れていてはダメとか、そういうのとはかなり違います。

撮った写真は正直なものです。

降りたブレードのうち、数機はピットで燃料を入れてホット・シート。

上がるのを待とうと思っていましたが、あまりの寒さに撤収と相変わらずのヘタレっぷり全開!

何かと人気の高いA/C#201、およびVMFA(AW)-242のフライトはありませんでした。

先週からシケたフライト内容が続いています。

そんな中、先ほど(24日午前1時40分)メールが届きました。

DAL8958のフライトプランがPHNL -> RJOIで出たようです。

機材はAirbus A330-200、RJOIへのETAは1615JSTとのことです。

答えは明白ですが、パッセンジャーは誰なんでしょうね?

西寄りの風に期待です!!
スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors