FC2ブログ

Backcountry skiing!!

日曜日、久々に飛行機のことは忘れて自然を満喫。

場所は安芸太田町の深入山。

CH8D0906.jpg

山頂付近の北側の斜面では、枯れ草に日差しに負けることなく霧氷が付着していた。

隣にある臥龍山の山頂のブナ林も霧氷で白く輝く。

CH8D0920.jpg

雪山は音の無い世界。

足を止めると聞こえてくるのは微かな風の流れる音だけ。

CH8D0928.jpg

晴れていれば瀬戸内海も日本海も望めるが、霞んで見えず。

霞みの向こうに四国の山々は何とか見ることができた。

CH8D0936.jpg

整備されたゲレンデとは違い、雪山のフィールドは無限である。

CH8D0937.jpg

真っ白なキャンパスに落ちる影が見事なコントラストを見せてくれた。

CH8D0940.jpg

風格のあるブナが2本、ここが目的の場所。

CH8D0954.jpg

光と影、自然が作り出すすべては美しい。

CH8D0956.jpg

向こうに見えるのは大箒山。

大箒山にも見事なブナ林があると聞く。

そのうち登りたい山のひとつである。

CH8D0984.jpg

山頂に戻って日没。

CH8D1008.jpg

雲が無い夕焼けも困ったものである。

下山は暗闇の中で月明かりも無し。

夕焼けを山頂で撮る私にはいつものことである。

満天の星空に流れ星と人工衛星を数えながらの下山。

夜のふもとは意外と遠いものである。

スポンサーサイト



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors