July 30, 2014

28日の夕方にVMA-542のラインでセレモニーがあったのかと質問がありました。

それはセレモニーではなく、コンバット・カメラマンが来て記念撮影をしただけです。
_________________________________________________________________________

30日のネタです。

真夏の暑さの中、一通りが上がり、RTBに合わせて美味しい時間だけエンドへ。

CH8D5081.jpg

ホールド中のそれは、一応コウモリさん家の親分です。

CH8D5097.jpg

本音はオーバーヘッドを撮るため、遥か後ろへ下がりたいところですが、自粛!?

CH8D5110.jpg

相変わらず虎さんのフライト時間は長めです。

CH8D5120.jpg

珍しく140ktくらい(ジューハチの着陸時のスピード)は出ていそうな進入をしてオプション!

CH8D5132.jpg

訓練なのか、何かの理由があるのか、放送を聞いていなかったので不明です。

CH8D5180.jpg

Aの座席の人たちは超ラッキーですが、それは我われの価値観に過ぎません。

CH8D5205.jpg

もしかして、小野寺さん搭乗の↑をゴー・アラウンドさせまいと気を遣ったのかもしれません。

CH8D5228.jpg

2回目はいつも通りにハエが止まるV/STOL機らしいランディングでした。

CH8D5246.jpg

いい雲が出ていたのですが、この位置しかそれっぽくなくなっていました。

CH8D5260.jpg

同じ写真の大量生産ですが、パイロットは各々なので、撮らないワケにはいかないのです。

CH8D5276_20140731233514149.jpg

フライト・ログと照らし合わせると誰のフライトであるかは当然判りますが、

CH8D5287.jpg

マスクのホースの位置や、ショルダー・パッチでも彼らには判るようです。

CH8D5308.jpg

新滑走路になってからのC-2のRWY20LNDGは今日が初めて!?

CH8D5317_20140731233518f0d.jpg

やはり銀鷲さんの侵入は高いです。電線入り↑

CH8D5325.jpg

ウイング・マンを送ってこんな感じです。

CH8D5332.jpg

操縦するヤツは楽しいでしょうが、撮影する側からすると、ノータンはさえません。

CH8D5344.jpg

タンクがある場合と無い場合の機動性は、それはもうカナリの違いなんだそうです。

CH8D5355.jpg

このところ、調子良く連日フライトをするコウモリさん家の親分機。

CH8D5356.jpg

あまり飛びすぎると、すぐに規定時間に達してまったく飛ばなくなりそうで、それはそれで・・・

CH8D5371_201407312336126fb.jpg

以上でサッサと撤収!

超高効率な撮影ですが、それは拠点が近いからではなく、放送を聞けるからこそです。

どれだけ近くても、放送を聞くことが出来なければ効率化を図ることはできません。

ラヂオよ、ありがとう。


Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors