安保法案に対する参議院での審議が行われております。

戦時下において、この場合はどうなるんだの議論を重ねても不毛です。

どこまでが後方支援で、どこからがアメリカとの武力行使一体化なのか、

それを判断するのは、国会議員ではなく国際社会と後の歴史であり、

責任を負うのは我々国民ひとりひとりだと思います。

後方支援に限っても、状況は刻々と変わり、その都度、判断を迫られるワケであり、

具体例を挙げて議論したところで、それらすべてを網羅できるワケがありません。

机上の空論を引き合いに出しても、コトが起きれば死ぬのは現場の自衛隊員と友軍兵士です。

撃たなければ自分が殺られるのは、今も昔もも同じです。

違いは、相手の顔が見える距離であるか、そうでないかの違いだけです。

現場の指揮にバッファを持たせる、つまり現場の判断に委ねると言った

「曖昧さ」が無ければせっかくの法案も機能しません。

これはOK、これはNGとか、線引きできないのは、やはり憲法9条の足かせ。

違憲だとか、合憲だとか、それも国家が存続して初めて言える事です。

とか言いながら、安保関連法案の成立には、私自身、まだ覚悟が出来ておりません。

と言いますのも、私には誇れる海上自衛隊員の友人がおります。

私は彼らに前線へ行って欲しくないだけでなく、人殺しにもなって欲しくないのです。

わが自衛隊は発足から一人のKIAを出していないだけでなく、何人たりとも人間の命を奪っていないのです。

私は友人に「私たちの生命と財産を守るために人殺しになってください」なんて、とても言えません。

もし友人が戦地から帰って来た時に、何と声をかければいいのか想像がつきません。

現在も合衆国海兵隊の友人がIS退治に中東へ展開しておりますが、それとはまったく違う感覚です。

法案の審議が進むにつれて、そのプレッシャーが大きくのしかかってきています。

法案成立へ行け行けドンドンブンブン丸な人たちは、こういったジレンマを乗り越えているのか、甚だギモンです。

自衛隊が、これまでの自衛隊と同様にこれからも我々と歩んで行けるよう、今後の世界情勢を注視したいと思います。

ところで、あまり知られておりません(?)が、戦後間もなく日本特別掃海隊が組織され、

戦闘地域(朝鮮戦争)において殉職者が出ております。

自衛隊でも警察予備隊でもありませんが、現在の海上自衛隊の1組織である

掃海部隊の前身の組織にて殉職者が出ていたことを知る人は少ないのでは・・・と感じています。

また、その殉職者においては靖国にも合祀されておりません。

言葉を借りて、

日本再建・復興のために尊い犠牲者となったことを国民は忘れてはなりません。

朝鮮戦争に出動した日本特別掃海隊
http://www.mod.go.jp/msdf/mf/history/img/005.pdf

知られざる機雷掃海の歴史:朝鮮戦争で戦死者も(テレビ東京)
http://www.youtube.com/watch?v=JDSo8xiNzZQ



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors