FC2ブログ

光花火大会


夏と言えば、蚊取り線香の香り。

蚊取り線香と言えば、爆竹。

その昔、エンドの堤防の上から飛行機を待つ時間つぶしに、

爆竹を1発ずつ蚊取り線香で点火をし、海に投げたものです。

狙うは水面、または水中での爆発!これが気持いい!!

狙い過ぎて、何度、爆竹がつまんだ指で爆発したか・・・

それに何の意味があるのかと聞かれそうですが、意味なんてありません。

爆竹が水面で爆発した時の水の飛び散る様、水中で爆発した時の音。

それらが「おぉ!」だからしていただけのことです。

「おぉ!」と思うことに対して、いちいち意味や理由を求めることこそナンセンスです。

もっとも、昔と違い、マニアを含め、ヒトの往来が増えてしまった昨今では、

言うまでもなく過去の火アソビとなってしまいましたが・・・

ところで、前置きがいやに長く、そしてウザいのは私だけでしょうか?

今回のエントリーはタイトルにもある山口県光市で行われた花火大会です。

これまで同花火大会へは何度か行き、撮影もしているので行くには少々重い腰に

気になるのは前日の金曜日に南下した4機のVFA-94御一行様のお帰り。

近頃の週末のお出かけは、これまでのパターンからちょっと違ってきています。

金曜日の午後、週末のお出かけに出ると、戻りは日曜日の午後だったのですが、

それが土曜日であることが続いています。

したがって、金曜日に南下した機体がいる以上、土曜日も警戒が必要です。

ところが警戒中にもかかわらず、涼しい部屋でスキャナーだけを聞き、

抹茶アイスを食らってのんびりする私は、とてもマニアと呼べたものではありません。

15時も過ぎ、今日の帰りは無いなと根拠もなく決め付け、光へと出発したのは15時半。

岩国から離れるにつれてスキャナーからの声にも雑音が混じり始め、

15時58分、FreqをGNDで止め、"Field Close"の一言を聞いて安心をしようと

16時ジャストに私はドライブを始めてから30分で場所は由宇!

聞こえてきたのは、「まだ降りるモンがあるので、1時間延長ね!」

「降りるモンって何だ?」

想像は膨らみます。

思い付くのは南下したジューハチかトリイなのですが、アングのジューロクだったり、

リザーブの何かだったりした日には目も当てられません。

そんなワケはないのですが、ひとまず戻る私は重傷患者。

そもそも、エンドに着くまでの30分の間に降りられたら・・・と、

不安を胸に今来た道を戻ります。

エンドへ到着する直前に福岡コントロールの中国南セクターUHFがリークを始めました。

どうやら獲物は南から、そしてUHFを使う機体のようです。

間に合ったことをいいことに、聞いたこともないようなC/Sを期待していると、

聞こえてきた聞きなれたC/Sにやっぱりか・・・と。

CH8D6742.jpg

CH8D6768.jpg

改めて、光へ向けて再出発です。

これまでは素直に砂浜から撮影をしていたのですが、人ごみを避け、

違った場所から撮りたいと、相変わらずホモ疑惑が払拭しきれないF氏に

お薦めされた光カントリークラブへ行ってみると、NGなロケーション。

ウロウロしていると、山の上に鉄塔と発見!

つまり、そこまで車道がある可能性が高いと言うことで、グーグル・マップで確認。

迷いながらも山道を登っていると、なかなかいい感じに光市が見渡せます。

さらに登ると三脚にカメラを据えた中年男女がズラリ!

どうやらココで間違いないようです。

静かに撮りたいので、少し下り、花火開始30分前、ようやく撮影場所が決定しました。

CH8D6785.jpg

離れても、カメラ女子(ご年配)の声が聞こえてくる・・・

CH8D6786.jpg

なかなかのロケーションなのですが、花火の大きさに対して街を入れるバランスが

どうも難しいのは、きっと私の未熟さのそれです。

CH8D6868.jpg

CH8D6938.jpg

ファインダーで見ると、花火に光る海面に松のシルエットがイイ感じなのですが、

やはりこのサイズだとその雰囲気すら伝わりません。

CH8D6962.jpg

せっかくのクライマックスも、露出と水平に気を取られてフレーミングをミス。

エンドへ戻ったことと、場所探しに疲れ、テキトーに撮って終わってしまいました。

来年も同じ場所からの撮影でリベンジしたいところですが、しないかもしれません。


コメントの投稿

非公開コメント

Re:光花火大会(07/30)

光の花火大会ですか〜。

かれこれ15年ほど前に、当時付合っていた娘と見に行った思い出があります。

いや〜、あの頃は青春してました。

しかしあれから15年、歳とったな〜。

Re[1]:光花火大会(07/30)



>takeさん



こんばんは。



光の花火大会にほろ苦い想い出(?)があったのですね!

今となっては大切な青春の1ページでしょうか。

私も青春真っ只中でした。



15年前はもちろん、20年以上前のことも余裕で語れるなんて、

ホント歳を取ったと感じます。

切なくなります・・・



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors