Jun 24, 2015

いや~、長かった・・・、約3週間ぶりのエンドです。

ようやくガラガラヘビさんたちが巣へ戻ってきました。

連絡も頂いておりましたが、有難いことにインバウンドするジューハチのために

ワイヤーへブーツをセットする指示がリカバリー・クルーへ出されたのも聞き逃しません!

この時点での風は170@6、ブーツを入れたワイヤーの位置から、ツーゼロへ変える気は無いようです。

そうこうする中、一昨日シングルで戻ってきた北欧の海賊さんがシングルでFCFっぽいクリアランス。

無警戒のこれが後に後悔をすることになろうとは・・・

まずはA/C#401を含む31fltが戻って来て、TWRも”Welcome Back!!"と!

この時点での風は190@6と、方向はいいのですが、次回のインフォメーションに期待です。

北欧の海賊さんが戻る少し前に、ようやくRWY20となり、一応外を見ると相変わらずのヘイズに

「行かなくてもヨシ!」の判断をしたワタクシでした。

本日は午前中からMETARのObscurationsに"HZ"が出ており、

ATCもLNDGした航空機にファイナルのビジビリティを度々確認しておりました。

その後の帰還はなく、残りは明日以降かと思っていると無線連絡!

相変わらずのヘイズでしたが、久々に鈍った感覚を取り戻すことも兼ねて行ってみました。

で、エンドに到着すると、先ほどの北欧の海賊さんの尾翼が黒かったと!?

今日もいつもと変わらずお美しいお姫様に画像を見せてもらうと、OMG!!

聞くと、油も注いだようで、早々に本体と合流する予感・・・

気を取り直して、久々の航空機撮影です!



まずはいつものP-8が視程の悪い中、パターンの1回目の進入をしてきました。



ファイナルに乗って、ようやくランディング・ライトが見えるほどのヘイズです。



視程は2NM程度と、もちろんオーバーヘッドでの進入はできません。



実際にはもっとヘイジーですが、露出補正とコントラストをかけてナントカ見れる画に仕上げております。



気が付けば、ガラガラヘビさんたちともあと少しです。

これにて終了~!と撤収をし、経済活動を始めて間もなくクリアランスに北欧の海賊さんがシングルで・・・

明日どころか、今日逃げるんかいっ!!

RWYもゼロツーへ変わったことだし、半ばヤケクソで行ってみました。



見送るクルーに調子がいいコトを背中を見せてアピールしておりました。

突貫作業で大変だったことと思います。



尾翼の内側には、海賊のオッサンがバイキング。ブルーで描かれております。



アビームの位置では当然ながら腹!

スピードブレーキがどうなっているかが気になるところです。




コメントの投稿

非公開コメント

Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors