Aug 26, 2016

本日は計ったかのようなタイミングとなり、結局のことろRWY20LNDGしたのは2匹の暴れん坊のみ・・・

私は2回目の降り、まだ雨のパラつくRWY02LNDGからの撮影となりました。

価値観は様々ですが、浮いたネムい画の20LNDGより、陽炎がなくなった転がりの方がまだマシです。

滑走路状態がウエットである場合、制動距離が延びるため、B5をピックアップする確率が格段に上がります。

さらに、複数機である場合、その可能性は言うまでもありません。(誰もが知るところではありますが)

したがって、今日このタイミングでは、B4ピックアップの“スカ”を食らう心配がなく行けると言うワケです。

地の利を生かして得られるベネフィットには、より考えて撮影に望むための要素が多く得られることも含まれます。

本日もエンドのコンディションは連絡を頂いていた通り"HOT"、背後に気を配りながらの撮影です。

























テントの下に移動したと連絡を頂いていたA/C#201が洗い場に移されておりました。

近日中に機能試験飛行を行う可能性が出てきました。

入れ替わりでハンガーへ入る機体があるのかどうか、今後の注目すべき点のひとつです。



コメントの投稿

非公開コメント

Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors