FC2ブログ

Direct light and against Light.


先週の金曜日にコケて以来、岩国に居座っていた2機のA-10の

エンジン・カバーが外されたとエンドから連絡。

程なくして、GNDにエンジン始動の許可を求める交信に私も出掛ける支度を・・・

エンドに到着し、A-10がランウェイ・エンドにさしかかる時、

関東からのお客様がサウス・イニシャルに進入してきました。

CH8D2410.jpg

リーダーはエア・フォースらしからぬ高い離陸でしたが・・・

CH8D2426.jpg

ウイングマンはグレート・ウォールから出た瞬間からこの通り。

CH8D2432.jpg

さすがにレンズが長過ぎます。

CH8D2440.jpg

でも、このアングルは長玉でなければ撮れない悩ましい現実です。

CH8D2444.jpg

スパイラルで高度を取り、フライト・プランで定められたポイントへ向かいます。

CH8D2474.jpg

関東からのお客さんが北へ向けて離陸です。

CH8D2486.jpg

東側とは言え、NFがこの位置から撮れること自体が奇跡とも言えます。

これでにて一旦、エンドを後にし経済活動に専念しながらも耳はスキャナーに。

またしても関東のNAFからの来客と、南のAFBから2機のモズさんが飛来。

その離陸を狙うべく、午後のエンドへ再び足を運んでみました。

CH8D2515.jpg

同じUC-12Wでも、#8206と#8209では、後者の方が航続距離が長いと

その理由も含め、先日のSummer Music Festivalで教わりました。

#8206はエンジンの後部がラゲッジスペースとなっていますが、

#8209ではエクストラ・フューエル・タンクとなっており、10時間も飛べるそうです。

CH8D2528.jpg

午後はもちろんモロに逆光です。

カメラの設定を逆光での撮影に変更しての撮影です。

CH8D2568.jpg

VFA-94は現在のところ外来機。

駐機した場所は、彼らのラインではなく、ノース・ランプでした。

CH8D2587.jpg

滑走路の西側からレターも写らない腹を撮るよりはよっぽどマシだけど、

モロに逆光なので、やっぱりブログのネタ止まりのそれらです。

もう少しは研究の余地があるとは思うけれど、劇的に変わることはないので、

そもそも研究することに意味が無いような気もします。

それでも、悪条件の中でも最高のクオリティで撮れるようにデータは取るべきかな?

「撮れた」ではなく、きちんとコントロールして「撮る」でなければ私自身が許せません。

その差はきっと作品に現れると信じています!?


コメントの投稿

非公開コメント

Summer Music Festival

 ご無沙汰しております。

私も先日のサマーミュージックフェスティバルに子供を連れて行きました その時にUC-12Wの説明やコクピットを見せて頂きました。ただ説明をして頂いたのがBATSの後席員の方で、なぜH&HSの説明をBATSの方が説明してるのかを聞きそびれました(汗)

Re:Summer Music Festival(09/07)



>イーグル1さん



お久しぶりです。



ロックな日に来られてたのですね!

最新のグラス・コクピットのはいかがでしたか?

その方は紛れもなくH&HSのクルーの方です。

VMFA(AW)-242と思われたのは、ショルダーのパッチが242のものだったからと推測されます。

その方は以前はF/A-18DのWSOをされており、現在は岩国と言うことで

VMFA(AW)-242のショルダー・パッチを付けておられたものと思われます。

ちなみに、胸はH&HSのフライデー・パッチでしたね!

なお、MAG-12のクルーも機体を持たないSQDNなので、ショルダーには

VMFA(AW)-242や、現在だとVMFA-115のパッチを付けているクルーもいると思います。

なかなかパッチと言えども、奥が深いものです。



Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors