FC2ブログ

Oct 24, 2016


帰国から1週間が経過し、何とか社会復帰ができたようなそうでないような・・・・・

次回の渡米はサンディエゴと行きたいところですが、どうなることやらです。

確定している次回の渡米は2019年のチェリーポイントです。

EA-6のシャットダウン、そのセレモニーにはぜひ行きたいなと思っております。



日本社会って、まだまだ長期の休みが取りにくいですよね~と言うか、1ヶ月以上の休暇も珍しくないよその国、

よく社会(会社)が廻ってるなと感心せずにはいられません。

根付いている文化が違うとは言え、日本人は「仕事をしなくてはならなさ過ぎ」と思います。



今年はアメリカの大統領選挙が行われる年、そして投票日の1ヶ月前ともなると、

世間話に当然ながらその話題になるため、それなりの返答を用意しておかなくてはなりません。

国際社会の中で、アメリカ大統領選に対する自分の考えをきちんと言えないと「こいつはバカか?」と思われると思います。

そう思われてしまうと、相手に自分のレベルを下げてもらってのその程度のお付き合いで終わってしまう可能性が高いので、

より年齢や社会的立場に見合ったお付き合いをするためには、とても重要なポイントです。

もっとも、それはアメリカ大統領選に限ったことではありませんが~



空港から乗ったタクシーの運チャンとの会話でも大統領選についてどう思っているのかを聞かれましたし、

現役のファイターパイロットにも同じように尋ねられました。

もちろん、それは私が日本人だと言う事を知った上で投げかけられた質問でした。

タクシーの運チャンはトランプ氏が本当に強いアメリカを取り戻してくれて、経済も立て直し、

以前のような安定をした社会に立て直してくれるはずだ!と言っていました。

しかし、その根拠については尋ねても明確な回答はなく、彼ならやってくれるハズだ!と・・・

おそらく、根拠はないけど、他に信じるモノがないといった感じでしょうか。

現役ファイターパイロットは第2回テレビ討論会を一緒に見ながら、「こいつらが俺らの司令官になるんだぜ!」と

少し呆れたような諦めたかのような、少しふざけた感じて言っていました。

結果はどうあれ、受け入れるしかないといった雰囲気を感じました。



私の回答としては、共和党に期待をしてはいるけれと、トランプはあんまりだ!(表現としては"He is Too Much!!")

とは言え、ヒラリーが大統領になっても、おそらく問題は解決しないし、より良い社会になるとは思えない。

そもそも、大統領選ってのは両陣営にプロデューサーやスピーチライターがいて、これはショーだ。

ショーの中では本音は見えてこない。本音が見えてくるのは、どちらかの候補がホワイトハウスに入ってからだ。

いずれにしても、2008年にマケインが大統領に選出されなかったツケが今きている。

現在の両候補、どちらが選ばれてもハッピーになれそうにないアメリカ国民に私は同情するよ!

といった感じで言っておきました。(本当にそう思っている)

問われたことに対して、若干ベクトルをズラした回答ですが、特にツッコミもなく、

一個人の意見として当然受け入れてくれます。

もちろん、その前後の会話に色々と脈略があることは言うまでもありませんが~



外国人と政治の話はタブーだと教えを受けておりますが、そうしたくても避けることができないこの時期の渡米です。

皆さんはアメリカ大統領選に対してどのような考えをお持ちでしょうか?

よその国の大統領選ではありますが、我が国が唯一、軍事的同盟関係にある国の大統領選です。

十分に考えるべきイベントだと私は思います。

国際交流は求める関係性において様々な知識や個人の考えを必要とします。

決して楽なそれではありませんが、そうした日々のアレコレによって得ることのできる人間関係はプライスレスです。

そこに私は非常に魅力を感じているからこそ、その素晴らしさを伝えることができればと思っています。



見方によっては谷を攻めている風にも見えなくはないと言えば見えなくもない!?


2012年 ファロンにて

北米大陸には少なくとも6ヶ所、ルックダウンで撮影ができる場所があるそうです。

ユマもその一つであり、RWY03からある離陸プロシージャを取った時のみ、そのチャンスに恵まれるそうです。

予め車で山の上まで行っておかねばならず、飛ばす側と撮る側でブリーフィングをしていないと厳しいっぽいそれ。

その間に取り逃がすアレコレを考えると、実際に行くかどうかは相当悩むのかもしれません。

来月はWTI、ユマにでも行ってみるか!


Aug 9, 2016

午前に岩国市から長崎の原爆の日を伝える放送がありました。

近頃は熱中症に注意を促したり、台風や大雨の時にはそれに警戒するよう促したり、放送内容は様々です。

で、岩国には基地の外に住む外国人も多く、それらの放送は日本語のみなので、人によっては不安を煽られるワケです。

特に家に一人でいる奥様方は、何か特異なことでもあったのかしら・・・と心配になり、

「今の放送は何を言っていたの?」とメールや電話で私のところへ問い合わせが来ます。

最近じゃ、放送があった後にはメールでその放送内容を問い合わせがある前に送るようにしています。

今日は「長崎の原爆の日なので、11時2分に彼らのために祈ってください。」と送っておきました。

彼らがその時間に鳴ったサイレンに、何を思い、何を考えたのかは知る由もありません。

ちなみに、その時間の前後はQ-Timeが設定され、すべての航空機に対して制限が設けられていたことは言うまでもありません。

現職のアメリカ合衆国大統領が広島を訪れたことにより、何かと核兵器のない世界と盛り上がっておりますが、

私的にはもう1歩踏み込んだと言うか、その未だに狭い視野に目指す未来は遠いなと感じております。

確かに5月の出来事は歴史的なことに変わりはありませんし、今後も語り継がれるべきひとつのポイントです。

しかし、核保有国はアメリカだけではありませんし、核保有国もあんなカネのかかる兵器を持ちたくもないハズです。

この点では幸いなことに、お互いの利害は一致していることが興味深いですね。

それでも金食い虫を持たざるを得ない現実があり、それについて語られることがまったくないのでは?と思います。

オバマさんは「去る」人なので、言ってしまえばキレイ事を言うだけ言って、それで終わりです。

今後は新たなトップと、その取り巻きが今後のかじを取るワケですから、目指す世界が実現するかどうかは、

彼らの手に委ねられるため、いつまでも5月の夢を見続けていては夢は夢で終わります。

NPTの未加盟国、クリミア併合以降、MDを絡めたNew START行方など、わざわざ探さなくとも課題山積です。

また、最終的なテーブルにイスラエルが着くとは到底思えませんし、北朝鮮においては暴走しています。

イスラエルの歴史的背景をみると、彼らが戦いに備えることは理解できなくもありません。

唯一の被爆国と言うからには、もう少し視野を広げて、現実を見て、少しでも建設的な思考を持つべきと思います。

むしろ、それらを知らずして理想の世界を語ることこそ無責任であるように見えます。

これまでのように核兵器においてアメリカを引き合いに出し、アメリカだけにそれを訴えかけても、

残念ながらもはやアメリカはそこまでの力を今は持っていません。

じゃあどうするの?ってことですが、そこですよ、現在の課題は。

ますます混沌とする大人の事情、まずは国連から見直すこともひとつの方法かもしれませんが、

ISILは国家ではないし、テロリストにとっては何の影響もありませんね、はい。

まずは核兵器がない世界が平和な世界であるかどうかを考えてみて下さい。

冷戦時代は、少なくとも今よりはシンプルな世の中で、平和だったと言わざるを得ませんね、核の傘の下で。


Aug 8, 2016

それはそれは静かな空が続いております。

このままだとお盆休みもそんなに沖へ用事はなさそうです・・・と言うか、お盆は騒音軽減ウィークでもあるので、

いずれにしても多くのフライトは期待できません。

待ち人には早く到着してもらって人並みの夏休みを過ごしたいところです。

この土日は連チャンで肉会があり、プロテインをしっかりと摂取させて頂いただけでなく、

錦帯橋の花火も特等席で花火のカスを浴びながらの鑑賞をさせて頂き、夏を満喫させて頂きました。




写真を撮っていなかったので借ります。

岩国ならではの国際色豊かな食材とテイストのバーベキュー、語らうアレコレはプライスレスです。



日本ではあまり・・・と言うか、まったく馴染みのない噛みタバコ、コペンハーゲンのロングカット、

爽やかなウィンターグリーンです。

アメリカでは「臭い」とか、唾を吐くので「ナスティー」と不評を買いながらも「ディップ」と言う俗称で社会に定着しています。

ニコチンの摂取量も煙の出るタバコの4倍と言われ、発がん性も高く、特に若年層の使用が問題となっています。

このパックのラベルにも口腔がんの原因になることが警告として記されています。

使用法は、タイプにもよりますが下唇と歯の間に挟んで唾液と一緒に染み出す汁を味わいます。

もちろん、その唾液にはニコチンが含まれているので飲み込むとニコチン中毒になりお勧めできません。

(中には飲む猛者もいるようですが・・・)

ご承知の通り、フライトラインでは火気厳禁、下唇をディップでパンパンにしたグランドクルーも、わりといます。

私はこのディップが結構好きで、飲みの席で集まった時に「誰かディップ持ってない?」と聞くと、

だいたいどこかからこのディップのケースがどこかからスッ飛んで来ます。

そして「お前、ディップをするのか?ディップをする日本人を初めて見た!」と驚かれます。

まぁ、私自身、ディップをする日本人を見たことがありませんが・・・



良いことも悪いこともたくさん教わりますが、その文化を身を持って知ることも知らないよりはいいのかも!?

外国人の友人を作るには、語学だけでなく、文化や社会背景を知ることの方がむしろ大切です。

ディップを試してみたい奇特な方は、タンツボをご用意の上、お声がけください。


Apr 16, 2016


過去のエントリーを追加しました → Apr 11, 2016 http://joi1.blog.fc2.com/blog-entry-1700.html

ニュースを見た海外の友人から、地震を心配してメールが届きます。

物理的な距離があっても、テクノロジーはそれを補ってくれる素晴らしい環境を与えてくれています。

あれだけ揺れた後に前線の通過、神様がいたらひでえヤツです。


Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors