FC2ブログ

春うららでない


このところニュースを賑わせている不法滞在フィリピン人一家の件。

今日でケリが着くと思いきや、また延長されてしまい、入管もつくづく甘いと感じますが、

まぁ、報道が一人娘を悲劇のヒロインに仕立て上げた結果、

勘違いした国民の感情を配慮しての苦肉の策と私は解釈しています。

彼女を悲劇のヒロインと表現するならば、それは正確に表現しなければ大きな誤解を招きます。

少々長いけれど “両親が法を犯したためになった悲劇のヒロイン” が正しい表現。

罪の無い娘さんには本当に気の毒な話です。

それにしても、その家族を堂々と支援する日本人の団体・個人がいることが理解できない。

この問題はこの家族に限ったことではなく、日本で生活したいと願う多くの外国人に対する

日本のアピールであり、更には法治国家としての本質が問われる問題だと思う。

一度、例外と言い事実を作ってしまうと、どうなってしまうかは火を見るより明らかであり、

その結果は私たちの世代を超えて子の代、孫の代へと負の遺産となる。

偽造パスポートで入国し、子供を日本社会へ馴染ませれば家族で日本へ永住が認められる?

この一家を難民と勘違いしているのだろうか?

支援者は日本の法体制を崩壊させたいとしか思えない。

これではテロと変わらない気もしますが、どうでしょう。

目の前の物事だけでコトを判断するだけでなく、それに至った経緯や背景も知った上で

行動しないと、このようにみっともないことになるいい例です。

このような不幸な子供を増やさないためにも法を守ることが重要だと思いますが、何か?

この件については政府も相当な譲歩をし、子供の将来を考えた提案も十分にしています。

娘さんが恨むべきは日本国政府ではなく、無責任な両親なのである。

そこのところを伝えない報道も支援者と同罪だと思う今日この頃です。
____________________

Divine - One more try

Dionne - Warwick All The Love In The World

Patty Smyth - Sometimes Love Just Ain't Enough

Simply Red - If You Don't Know Me By Now

Roxette - Never Is A Long Time


Stupidity


夕方、ブラウザを開くと目に付いたニュース・トピック。

 中川財務相が辞任 予算待たず

こういうコトになるのではと危惧していたが、やはりと言うべき結果。

中川財務相も愚かだと思いますが、衆院予算委員会への出席をボイコットした

野党はさらに愚かで、どうしようもないとあらためて感じる。

今は国民の為に一日でも早く法案通過させ、景気対策に取り組むべきじゃないのか?

やはり民主党は国民の生活よりも与党の揚げ足取りの方が大切なようだ。

中川財務相の愚行も情け無いが、愚かなのは日本の政治そのものだと思わざるを得ない。

昨日は小学4年生の子供が首を吊って自殺した。

もはや夢も希望も無いのかもしれない。
________________________

今日の午後、突然連絡をしてきたのは今週中にイラクへ移動するCorporalの友人。

発つ前にもう一度会えるとは思っていなかったので、急遽、時間を作って会ってきました。

まぁ、いつもと変わりは無く、ランチして、街を歩いて、スタバでコーヒー飲んで・・・

私が「IEDにはくれぐれも気を付けてくれよ」と言うと、彼は一言「Easy!」

現状では防ぐことが難しいIEDに気を付けろということ自体、意味が無いのかもしれない。

車両に停止を命じて、停止しない時は空に向けて警告射撃をし、

それでも停止しない場合はタイヤを撃ち、次にエンジンを撃つ。

このプロセスを経て、初めて人に銃口が向けられる。

彼らには交戦規定があり、それを遵守するが、彼らの相手はルールを持たない。

ソマリア沖へ海賊対策の為、海上自衛隊が派遣されることが決まっていますが、

海賊も当然ながらルールを持っておらず、交戦規定(憲法9条で交戦権を否定しているので、

正しくは武器使用規定)はまだ決まっていません。

野党は銃口を向けられている自衛隊員にも、まずは対話しろと言うのだろうか・・・

そんな政治家どもを通じてシビリアン・コントロールができるとは、とうてい思えない。

Marine Corps Recruit Depot, Parris Island, SC

立ち止まった原爆ドームの前でCorporalの友人が呟いた。

So sad.....


報道の原点とは?


久しぶりの朝帰りで廃人の如く過ごした日曜日。

この気ダルさが心地よい。

夕方、テレビで“ニュースの記憶”報道50年映像全史という番組をやっていました。

テレビ朝日が開局50年というコトで、それに絡めこの50年の報道を振り返る番組で、

懐かしい映像の数々につい見入ってしまいました。

50年は長いのか短いのか、国内外で色々な事がありましたが、

情報が溢れる昨今、その風化がどんどん速くなって来ているように感じます。

それは今後、加速度を更に増していくことでしょう。

番組としてはまぁまぁだったのですが、終盤に私の嫌いな報道ステーションの

メイン・キャスターのインタビューがあり、気分を害しました。

(名前はタイピングするのも胸クソが悪いので出しません。)

彼も局も報道ステーションをニュース番組と位置付けているようですが、

私の中ではエンターテイメント番組に他なりません。

なぜなら、メイン・キャスターが事象を誇張し、個人の考えを述べるからです。

それが少しくらいなら神も許すかもしれませんが、目に余るものがあります。

論評はコメンテーターの仕事で、メイン・キャスターのする仕事ではありません。

ニュース番組には、真実のみを飾らない言葉で伝えることが必要です。

それでも物申したいのであれば、筑紫哲也さんの多事争論のようにコーナーを設け、

報道と切り分けることが望ましい。

自分の立場と社会的影響を認識し、報道とは何かを熟慮すべきと私は思ふ。
__________

最近、ミントのディップもお気に入りです。

IMG_5948.jpg

このBANDITSはティーバッグのようになっており、袋の中にタバコが入っています。

タバコが歯に付かないように考えられているのですが、割高です。

少し甘く、爽やかな一品です。


気付いたこと


アメリカ人と政治の話はタブーとしてきましたが、

大統領選で盛り上がっていた頃によく聞かれたことがあります。

「オバマとマケイン、どっちに大統領になって欲しい?」

日本人の私からすると外国の大統領選。

どうして私の考えが気になるのかと少し不思議な気がしました。

でも、考えてるみると日本国から見てアメリカは唯一の同盟国です。

彼らが自国の大統領選を日本人がどう思っているのか気になってもおかしくはありません。

その問いにに答えると、次は「どうしてだ?」とくるワケです。

支持の根拠となる考えを言うと、「なるほど」と、そこから更に話が続くか、

続かないかは運次第となり、私はこの辺でこの話題が終わることを期待します。

IMG_5806.jpg

これらの会話をする中で気付いたことがあります。

多くのオフィサーはマケイン支持なのに対し、多くのエンリステッドはオバマ支持でした。

まぁ、これはあくまでも私が話をした、あくまで限られた範囲でのハナシですが・・・

実際にアフガニスタンやイラクで戦争を経験した彼らですが、

オフィサーとエンリステッドではリスクが大きく違います。

エンリステッドの連中はアフガニスタンのトンネルでフラッシュ・ライトとM92だけで

敵を捜索したり、イラクをパトロール中にIED攻撃に遭って度々KIAです。

もちろん、オフィサーのKIAも記録はされていますが、エンリステッドのKIAに比べると

それはごく僅かなものです。

高いリスクを持つエンリステッドの視点からすると、イラクへの増派の推進し、

米軍の長期駐留の必要性を主張するマケインは支持できないもかもしれません。

バラク・オバマ米次期大統領の就任式は今月の20日。

どのような世の中に「CHANGE」してくれるのでしょうか。

トランスフォーメーションにどのような影響が出るのか、フェンスの中から外から気になります。

ところで、なたはオバマとマケイン、どちらを支持していましたか?


費用は誰が?

イランを旅行中に誘拐された青年が無事に解放されたとのこと。
どの放送局のニュースでもテヘランで会見するその姿が繰り返し流れています。
一時は死をも覚悟したかもしれませんが、無事に解放されて何よりです。

それにしても、どうして彼はイランを旅行したのでしょうか。
その理由を我々納税者は知る権利があります。
なぜなら、彼が無事に解放され帰国するまでのプロセスにおいて
多額の税金が使用されているハズだからです。

イラン当局は有力部族を仲介に立てるなどして武装集団を説得したと報道されていますが、
その内容は解放の条件となる金と、犯人グループに対する安全の確約であると考えられます。
当然、その協力した有力部族も見返りがなければ動きませんから、
それらの協力者に対しても謝礼金が支払われることが容易に推測できます。
もっと言えば、協力者の紹介にも紹介料が必要となるケースがほとんどでしょうし、
所在や安否の確認をするための情報を収集する場合も、結局は情報はカネ買うワケです。
それらの費用はすべて我々が納税した税金から捻出されているので、
彼がどのような目的で日本国政府が「退避を勧告」する地域に行ったのか、
それを国民に説明する義務が彼にはあり、その説明が国民に納得されない場合は、
今回の解放までに要した費用すべては個人で負担すべきです。
立替による金利は銀行金利程度でよいのではないでしょうか。

治安の悪い地域では、情報を収集するだけで命がけの場合があると思います。
今回の件で当の本人は無事に解放されましたが、今回の件によって命を落としたイラン人や
アフガニスタン人がいない可能性はゼロではありません。

皆様も海外へお出かけの際はくれぐれもお気をつけ下さい。


Winds
真赤激! Burn it up!
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
Time Zone

Zulu


Local UTC+9


Guam UTC+10


Wake UTC+12


Hawaii UTC-10


PST UTC-8


EST UTC-5


カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Write & Photos

二代目@ひこわ

Visitors